物置ではなく収納庫

ここ数年、利用者が格段に増えている「トランクルーム」ですが、そうしたスペースを利用している人の多くが、いまだ「物置」としてだけ使用しているというのはとてももったいないことであり、有効活用できていないと言わざるを得ません。
多くの家庭には、サイズの大小はあれど、「物置」があることでしょう。

そもそも物置の用途は、「家の中に持ち込めない、持ち込まない方が好ましい物を収納しておくこと」であり、不要なものを詰め込んでおく場所でもなければ、部屋を広く使うための荷物置き場でもないのです。

いつ使うとも知れない不要なものは、早いうちに処分してしまった方が良いですし、部屋を広く使うために必要なのは「収納」であってしかるべきなのです。
物置には、灯油や自転車置き場などでは管理が難しい子供用の自転車、庭木の手入れ用品などの「外で使うことを目的とした日用品」を収納するべきであり、あえて家の中で使うものを収納するべきではないのです。

多くの人が物置を収納代わりにしてしまったり、せっかく借りたトランクルームを物置代わりにしてしまったりしているのは、「家の中にあることが望ましい、けれど、季節によっては使用しないもの」までを、室内の収納に収めておかなければと考えているからではないでしょうか。
そうして物置を占拠してしまう分、物置へと収納されるべきものがトランクルームへと回されてしまっているのでしょう。

季節変わりの衣類や節句の飾り物といった、使用する時期が決まりきっているものや、一年に一度しか使用しないものなどはトランクルームへと預けることがお勧めですし、むしろ、防塵や防カビ、空調の整ったそうした場所にこそ、清潔さを保つべきものや湿度を嫌うものを保管しておくべきなのです。

近頃は、簡単な手続きを行うだけで、必要なものを自宅に届けてくれたり、発送するだけで保管手続きをしてくれるトランクルームもあるので、上手に衣替えを行い、室内を広く、物置を物置らしく使用すると快適ですよ。

自宅の収納スペースを減らす
近頃は、一階と二階の間に収納スペースを設けてあったり、ロフトタイプの収納がついた住宅が増えているようです。
災害も多いことから、いざという時のための食糧や非常持ち出し用のリュックなど、場所を取る、けれどどうしても備えておく必要のあるものというのは意外と多く、そうした場所を活用している人も多いことでしょう。

ですが、家族が多ければ多いほどそうした備蓄品は多くなり、季節変わりの衣服や布団など、本来、収納スペースへと収まっているべきものが収められず、使用している部屋の一角を占領していたり、客間が客間として機能しない状態に陥っていたりする家庭は多いのではないでしょうか。
不意に来客の予定が入った時などは、その他の部屋へと荷物を移すハメになり、より狭いスペースで過ごすことを余儀なくされる場合もあることでしょう。

何かを購入した時や備蓄のためだけでなく、来客や家族がゆっくりと過ごすためにも収納にはゆとりがあるべきですし、何らかの事態に備えて、そうしたスペースを確保する努力をしておくべきでもあるでしょう。
ですが、実際問題としてスペースにゆとりがない、作り出せそうもないという家庭には、トランクルームを活用することがお勧めです。

トランクルームと聞くと、いまだに「高い」「広すぎる」「管理が不十分」といったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、ここ最近は、需要に応じて改良が進み、手頃な価格で必要なスペースを借りられるようになっているだけでなく、セキュリティも万全な「安心して借りられるスペース」へと変わってきているのです。

盗難に対する安全はもちろんですが、湿度や空調の管理も行き届いているスペースが多くなっているので、着物やダウン、毛皮といった湿度に弱かったり手入れが大変な衣類を収納しておくには最適な場所だということができます。
また、日頃はほとんど使うことがない、けれど思い出としてはしっかりと保管しておきたいアルバム類や証書類を保管する場所としても、とても適しているのです。