季節ごとに使うものをまとめる

自宅の押し入れにある、季節用品。
意外と幅を取るので、なければもっと日常的に使うものの収納を増やせるのに。
そんな悩みを抱えている方も多いと思います。
お雛様や五月人形など、年に1度しか使わないものなどは、特にそう感じるものの代表ではないでしょうか。
他にも趣味で集めてしまったものや、すでに使わなくなった子どものベビーカーなど、いま自宅になくても大丈夫と思えるものはトランクルームに預けてみませんか。
1度荷物を預けて部屋をスッキリさせてみると、意外な広さに気づくと思います。
そうすると、自然と片付けもはかどるようになり、スペースの活用を考えやすくなります。

ものがたくさんある状態では、片付けは一向に進みません。
右に左に移動するだけでは、結局収納量はいつかオーバーしてしまいます。
すでに収納からものがたくさん床に溢れているという方は、生活の動線がしっかり確保されてない状態で生活していることになり、それが気づかない間にストレスの原因になっていることも考えられます。
キレイに片付いた部屋でストレスは溜まりません。
溢れたものを今すぐ処分という決心がつかない方も、トランクルームに預けて冷却期間を設けてみましょう。
お金を払っても置いておきたいものかどうか、はっきりさせると処分もスムーズになりますよ。

トランクルームの利便性は高まっており、特にマンションに暮らしている方に需要が多いようです。
限られた収納の中に、常時使うものだけを厳選することになるため、季節的、または年に1度程度の使用頻度のものは自宅からトランクルームへ移動してしまう方が多いようです。
傍にないことで不便を感じなければ、次の季節まで使わないものは処分の対象にできるなど、空いたスペースを有効に活用して部屋の収納を見直していけます。
使い勝手のいい自宅を継続するためには、ものを出してスペースを確保してみることも必要なのかもしれません。

季節的なものを預けるだけではトランクルームにまだ空きがある、という方は、洋服なども預けてみましょう。
取りに行く気にならなければ、すでに着ない服として処分を考えられますよね。
断舎離の第一歩として活用する方法もあります。

結婚式で頂いた引き出物などもそうですが、頂いた贈答品を開封せずに取ってある方も以外と自宅の収納を圧迫していると思います。
そうしたものも預けてみて、使いようがなければ手放す、という方向で検討しておくと、いるもの、いらないものを仕分しやすくなり、トランクルームを有効に使えるのではないでしょうか。